色々とあるメグスリノ木の効果

MENU

メグスリノ木というモノをご存じでしょうか?

メグスリノ木

メグスリノ木というモノをご存じだろうか。

 

メグスリノキを漢字で書くと「目薬の木」と書く。

 

また別名を千里眼の木というから、何か目に対する効能がありそうだ。

 

日本では、だいたい戦国時代ごろから眼病に効果があるということで知られており春から夏にかけて採取した樹皮や小枝を乾燥させて、それを煎じた汁を目薬として使用するような使い方をされていたようだ。

 

ご存じ

実際に、日本の大学がこのメグスリノキの分析を行ったところ、その樹皮には、ロドデンドロールやエピ・ロードデンドリン、さらには、トリテルペンやタンニン、カテキン等々の眼病の予防や視神経活性化、さらには肝機能の改善などにたいして効果がある多くの有効成分が含まれている事が確認された。

 

また、目薬としてだけでは無く、煎じたモノを飲み薬として服用することも行われていた。

 

独特の匂いがあって飲みづらいとされるのだが、肝障害防護効果やメラニン産生抑制効果、さらには抗炎症作用など数多くの効用が実証されているという。

 

なので今でもサプリメントには目のかすみにも良いと言われているし、ブルーベリーのサプリにも多く配合されています。

色々とあるメグスリノ木の効果おすすめ記事


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |