20代男性の薄毛・抜け毛対策に良いアミノ酸系シャンプーはどれ?

髪の傷みと頭皮のフケや痒みの両方が気になる場合にシャンプーは何が良い?

頭皮

髪の傷みが気になる場合もシャンプー選びは大変ですが、同時に頭皮のフケや痒みが気になる場合どのようなシャンプーが良いのでしょうか。

 

毛髪の悩みと頭皮の悩みというのは分けられてしまっていますし、シャンプーもヘアケアシャンプーとスカルプシャンプーと区分けされている傾向があります。

 

そのため両方買ってしまって2回洗ってしまうという方もいるかもしれません。頭皮の場合にはあまり回数を多くして洗ってしまうというのは良くない場合も結構あります。

 

カラーやパーマをした状態でも色やパーマの部分が速く劣化してしまいやすいので回数を多くしたり、長い時間シャンプーをしたりしないほうが良いかもしれません。

 

髪や頭皮の両方に良いのが、洗浄力が強くないタイプですが、頭皮のフケがある場合で、痒み等がある場合でも脂性の場合や乾燥しやすい場合によってシャンプーを分けたほうが良い場合もあります。

 

脂性の場合には頭皮に合わないシャンプーもある?

頭皮

脂性の場合にはアミノ酸系シャンプーを使用すると痒み等が出やすい場合もあるので、髪に良いシャンプーでもあるのですが、その影響もあるかもしれません。

 

逆にあまり今後アミノ酸系シャンプーを使用する場合には、気を付ける必要があります。

 

脂性と相性がやや悪い場合があるのは、グルタミン酸系のアミノ酸系シャンプーが痒み等が出来る場合もあるので、アラニン系などのアミノ酸系シャンプーを使用していくのが毎日使用していくというのが良いかもしれません。

 

またスカルプシャンプーやヘアケアシャンプーでもよく使用されている洗浄成分の糖質系とも呼ばれるベタイン系がアミノ酸系シャンプーと並んで低刺激で使用しやすいのがポイントです。