20代男性の薄毛・抜け毛対策に良いアミノ酸系シャンプーはどれ?

抜け毛が増えて薄毛になる主な原因は?

男性

男性の場合には、薄毛のリスクというのが存在します。

 

主に前頭部と頭頂部から髪の毛がなくなってしまう状態になりやすいです。

 

主に前頭部から薄くなりやすい傾向がありますが、頭頂部から薄くなるタイプや両方とも薄くなっていきやすいタイプなどあります。

 

主に男性の薄毛になってしまうという場合には、現在では男性型脱毛症と呼ばれるAGAという名称で知られています。

 

季節的な抜け毛など頭皮環境が悪化のみなど一時的に抜け毛が増える状態と違って1年中抜け毛が増える状態になってくるため、薄くなる箇所が徐々に増えてきます。そのため進行性の脱毛症という位置づけになっているようです。

 

薄毛に関係するホルモンの話

薄毛

どのような方でも年齢と共に体が弱っていくというのはあります。そのため髪の毛もコシがなくなったり、少し抜け毛がないのに地肌が透けて見える場合もあるかもしれません。

 

しかしAGAの場合には、これらの生活習慣や年齢的な面以外の部分にも関係してきます。

 

遺伝や男性ホルモンなどの状態によって変わってくるようです。前立腺の問題の治療薬として効果を発揮したフィナステリドやミノキシジルなど男性の特有の問題に関係があるように、男性ホルモンと深く結びついているのがわかってきているようです。

 

男性ホルモンというと薄毛との関係が分かりにくいですが、薄毛などの情報を見てみるとテストステロンやジヒドロテストステロンなどよく耳にする言葉です。

 

テストステロンや女性ホルモンとの関りは?

原因

テストステロンは男性ホルモンですが、男性ホルモンには男性に多いホルモンです。

 

一方女性には一切ないのかというとそうではなく、体毛が少なからず存在するという面から女性にも男性ホルモンがあります。

 

一方その逆に男性には女性ホルモンも存在するようです。

 

男性の場合には女性ホルモンの使い道がなく、骨の骨密度などの維持に使われています。

 

そのため骨粗しょう症など高齢者特有の転倒による大たい骨の骨折は、男性の方が少ないというのも女性ホルモンが骨のみにしか使われないのと関係があるのかもしれません。

 

テストステロンが薄毛に繋がる理由は?

薄毛

テストステロンが5α-リダクターゼという酵素の働きによってDHTと呼ばれるジヒドロテストステロンに変化する事で髪が成長期であるのにも拘わらず抜けてしまうため、産毛しか残らなくなってしまうというのがあります。

 

今では治療薬として抜け毛を止めるフィナステリドに加えて発毛を促すミノキシジルの2本柱があります。

 

まずは薄毛に繋がっているのが、男性型脱毛症かどうかをチェックするのも大切ですし、男性型脱毛症にも色々な細かいタイプがあります。

 

そのように個人に合わせた治療も現在では可能になっているので、自分に合った治療法を探してみるのも大事かもしれません。

男性の主な薄毛の原因は? 関連記事

無添加で使いやすい養毛剤おすすめ人気ランキング

関連ページ

薄毛改善に運動不足を解消し毛髪形成力の向上
薄毛改善に運動不足を解消し毛髪形成力の向上のページです。
快適シャンプーのポイントや育毛対策など
快適シャンプーのポイントや育毛対策などのページです。