ドライシャンプーでアミノ酸系洗浄成分は使われている?の情報ページ

ドライシャンプーでアミノ酸系洗浄成分は使われている?

ドライシャンプー

アミノ酸系洗浄成分を使用しているドライシャンプーもありますが、アミノ酸系と言っても成分としての洗浄力から刺激まで様々あります。またアミノ酸系での特徴として洗浄成分が豊富なため洗い上がりがサッパリしやすい系から、しっとり系のシャンプーまで多種多様です。

 

そして様々に組み合わせているのでよくわからない事も多いと思います。アミノ酸系で特にサッパリしやすいのはココアンホ酢酸などを使用したシャンプーが有名です。またしっとり系でよく使用されているのは糖質系とも呼ばれアミノ酸系から切り離される事もありますが、ベタイン系がかなりしっとりしやすいです。アミノ酸系代表格であるグルタミン酸はコンディショニング効果もあるので高価な洗浄成分として知られています。

 

アミノ酸系洗浄成分

ですから、ドライシャンプーとしてベストなアミノ酸系洗浄成分と言えばやはり刺激の少ない洗浄成分を使用していてサッパリ、しっとりはお好みに合わせていくのが一番です。またべたべたする事はないのかもしれませんが、ノンシリコンシャンプーであるほうが望ましいのかもしれませんね。

 

ドライシャンプーは作っているメーカーさんはそこまで多くないですが、基本的にあまり数が増えていかないですよね。美容目的よりも緊急的な使い方がやはり多いのかもしれません。

 

もう少しドライシャンプーの選べる選択肢がふえると良いかな?と思います。

ドライシャンプーでアミノ酸系洗浄成分は使われている? 関連記事

▲ドライシャンプーでアミノ酸系洗浄成分は使われている? 上へ戻る



ドライシャンプーでアミノ酸系洗浄成分は使われている? このページの先頭へ戻る