シャンプーの洗浄力が強いとパーマやカラーの色落ちが強いの情報ページ

MENU

シャンプーの洗浄力が強いとパーマやカラーの色落ちが強い

パーマ

シャンプーもそうだけど、洗浄力が強いとパーマやカラーの色落ちが強いのでカラーを入れる回数も増えやすくなります。

 

洗浄力をマイルドなアミノ酸系はたしかに色落ちやパーマのかかり具合の劣化はある程度抑えられますが、価格は高いですから、どちらの方が良いのかは個人の考え方の違いがありそうです。

 

枝毛から痛むと切れ毛に繋がりやすいですが、元々髪を保護しているキューティクルが水分や傷み具合で開くわけですが、水で濡らした時は髪はキューティクルが開くのでほぼ無防備なわけですから、キューティクルが開く事で髪の内部の栄養素は流出しやすくなります。

 

なのでシャンプーの質も大切ですが、よりダメージ補修など選択洗浄性があるアミノ酸系でもやはりゴシゴシ洗ってしまっては髪も傷みやすくなります。

 

シャンプー以外にも髪が傷みやすい要因は沢山ありますが、シャンプー1つとっても適切なケアなどの重要性はあるのでやはりそれぞれ適切なケアを心がけていくと言うのは大切な事でしょう。

シャンプーの洗浄力が強いとパーマやカラーの色落ちが強い1 関連記事

▲シャンプーの洗浄力が強いとパーマやカラーの色落ちが強い 上へ戻る


シャンプーの洗浄力が強いとパーマやカラーの色落ちが強い このページの先頭へ戻る