20代男性の薄毛・抜け毛対策に良いアミノ酸系シャンプーはどれ?

色々種類も増えてきているアミノ酸系シャンプーを堪能しよう

堪能

アミノ酸系シャンプーというと髪に優しいというイメージがあります。

 

ノンシリコンシャンプーの場合には、シリコン系が使用されていない場合のみですが、アミノ酸系洗浄成分を使用したノンシリコンシャンプーの事をアミノ酸系シャンプーという事もあるかもしれません。

 

アミノ酸系シャンプーの場合には今度はシリコンが配合されていることもあり、頭皮が弱い方以外に髪を染めていたり、パーマをかけていたりなど今の状態を長くキープできるためのシャンプーという立ち位置も存在しています。

 

アミノ酸系というネーミング自体結構微妙な感じがする場合が私には結構あったりします。

 

理由としてはアミノ酸系洗浄成分を主成分として使用したシャンプーは良質で価格が高いのは分かりますが、補助成分に使用されているだけの場合もあり、ゴチャゴチャになりやすい場合もあるかもしれません。

 

質が低くて価格が高いアミノ酸系シャンプーもある?

堪能

高級アルコール系の洗浄成分を使用した市販でもよく手に入りやすいシャンプーでも補助にはアミノ酸系洗浄成分なども使用されているので、価格は抑えられています。

 

価格帯もまちまちなのはアミノ酸系洗浄成分でも非常に高級なコラーゲンなどもあるので、結構微妙な感じがする通常のシャンプーではありえないような価格があるシャンプーも実際には販売されていたりします。

 

アミノ酸系シャンプーが市場に認知されてきて価格帯も下がってきている傾向があるので、なるべく価格帯が跳ね上がっているシャンプーはまずじっくりシャンプーの評判や質についてチェックしておきましょう。

 

アミノ酸系シャンプーに良く使用されている洗浄成分は?

堪能

アミノ酸系シャンプーに使用されている主な洗浄成分ではグルタミン系やアラニン系に加えてグリシン系などがあります。

 

主にグルタミン系やアラニン系が多く使用されていますが、だんだん種類も増えてきています。リンゴ酸系など様々な洗浄成分が出てきており、比較的頭皮などに優しい温和な洗浄成分が増えてきているようです。

 

その傾向としてサルコシン系というアミノ酸系でも洗浄力が高めの洗浄成分は使用されなくなってきている傾向があるようです。

 

その分高級アルコール系で刺激を抑えた洗浄力が高い成分が増えてきており、うまくアミノ酸系洗浄成分の洗浄力の低さをカバーするシャンプーが増えてきているようです。

 

年齢的な衰えとシャンプーの関係

堪能

アミノ酸系シャンプーは、頭皮ケア目的だったり、育毛に関係する育毛シャンプーなどの洗浄成分に使用されている場合などもあり、どなたでも使用しやすいというのが関係してきたりします。

 

よく年齢によってマチマチですが、肉類がだめだったり、徹夜がきつく感じたり、筋肉痛が遅れてきたリ年齢によって体の衰えを感じることもある場合があります。

 

頭皮も同じように洗浄力が高いシャンプーからある程度頭皮の刺激を抑えたシャンプーを使用していく場合が良いかもしれません。

 

男性の場合にはマチマチですが、サッパリした使用感が好きな場合もあるかもしれないので、石鹸を使用したシャンプーでもアミノ酸系洗浄成分を配合した比較的刺激を抑えたシャンプーなどを使用するのも良いかもしれません。

関連ページ

シャンプー以外に色々製品を使用する場合の注意点は?
ノンシリコンシャンプーを普段の生活に取り入れると良い?
色々種類も増えてきているアミノ酸系シャンプーを堪能しよう
頭皮に痒みがある場合にはどんな時がある?
頭に泡を載せておくだけでも爽快?
ドライシャンプーでアミノ酸系洗浄成分は使われている?
最近お気に入りの市販シャンプーについて
洗顔料では泡立ちが良いものを選ぶ?
酵素液は、便秘の解消へ活用すると良い?
自然派の石鹸シャンプーがお気に入り
頭皮の脂性には日々のシャンプーが大切
モコモコ泡が魅力の頭皮に優しいシャンプー
シャンプーの洗浄力が強いとパーマやカラーの色落ちが強い
色々とあるメグスリノ木の効果
アミノ酸系シャンプーの主な広がり
ノンシリコンシャンプーを上手に活用しよう
ヘアカラーをしているのが日常
ヘアカラー中に使用したいシャンプーは?
夏場はヘアカラー中でもスカルプシャンプーを活用中
ヘアカラー中だからトリートメントとか色々気にする
髪の傷みが強い場合にはどんなトリートメントが良さそう?
頭皮ケアするトリートメントで気分もスッキリ
ダメージヘア中にあったら困ることはなに?
ダメージヘアの時のトリートメントとかどうしてる?