20代男性の薄毛・抜け毛対策に良いアミノ酸系シャンプーはどれ?

ベタイン系シャンプーは低刺激で使用しやすい

頭皮

アミノ酸系シャンプーに比べると低価格であるので、量が多く価格が抑えられたシャンプーに使用されている以外にも刺激が少ないので頭皮やカラーやパーマの髪でも使用しやすいのが特徴です。

 

美容室系のシンプルなシャンプーでもよく使用されている洗浄成分なので、使用感なども悪くないのが特徴です。

 

アミノ酸系特有のヌメリ感がないので、カラーやパーマで傷んだ髪など絡まりやすい場合には、ベタイン系は少し髪が絡んだりするかもしれません。

 

頭皮でもアミノ酸系のような吸着作用がないためすすぐ際もキレが良いのもポイントかもしれません。

 

脂性や乾燥などフケが気になる場合にも使用しやすいのが特徴です。主に美容成分や頭皮ケア成分をガッツリ配合したシャンプーよりもシンプルなタイプも多いので、あまり負担が少ないというのも使いやすいかもしれません。

 

そして頭皮のフケとか脂漏性皮膚炎とか関係したりしていますが、そういった場合でも治療の妨げになりにくいシンプルタイプのシャンプーが多いのも選びやすいという特徴もあります。